環境への取り組み

モリサは、森林資源を原材料とし、多エネルギー消費型といわれる紙産業だからこそ、環境保護に積極的に取組んでいきたいと考えています。
省エネルギー化・CO2削減・リサイクルに向けて日々改良・努力を続けていきます。

Reduce「使わない・減らす」 木材原料を極力使わない製品作り

紙の原料となるパルプは森林伐採を経て得られる原料です。
和紙がもともと原料として使用してきた楮・三椏・雁皮などの非木材原料は、間伐材を利用する循環型モリサは和紙作りの原点に立ち返り、こうした非木材原料の比率をより多くしていく製品作りに努めます。

Reuse「再び使う」 再生原料を利用する製品作り

薄葉紙と厚紙を貼り合せる製品作りにも、環境保護のコンセプトを大切にしています。 例えばWA-MIX色カードシリーズは再生紙と和紙の貼り合わせ製品で、新たな木材原料の消費を抑え環境保護に努めています。

Recycle「ごみの再資源化」 社内でのリサイクル製品作り

数年前までは焼却処理してきた断裁片などを、再断裁して「梱包緩衝材」に製品化。

ページ上部へ戻る